条件に応じて必要な書類

条件に応じて必要な書類

条件に応じて必要な書類

プロミスにキャッシングを申し込みたい人は、まず、運転免許証などの公的書類を用意します。しかし、場合によっては、これ以外の書類を必要とされる場合もあります。必要書類が他にあるのにも関わらず、知らずに用意しなかったがためだけに、申し込みができないとなっては、非常に悔しい限りです。そのような事態にならないようにするためにも、ここで条件に応じてどういう書類が必要になってくるのか学んでおきましょう。

 

まず、証明書に記載されている住所と、現在住んでいる住所が違う場合です。この場合は、運転免許証などの基本的な書類のほか、現在住んでいる住所が記載されている書類も併せて持参する必要があります。この場合の書類とは、例えば、国税や地方税などの領収書、納税証明書、社会保険料の領収書や請求書、公共料金の領収書や請求書、住民票などです。いづれの書類も、発行日から6ヶ月以内であることが条件となります。また、公共料金ですが、これは、電力会社、水道、ガス、NHKなどのことを言います。携帯料金は公共料金にはならないので、注意が必要です。

 

次に、希望額や現在の他社借入額によって必要書類が加わる場合です。希望している借入額が50万円を超える場合、もしくは現在の他社借り入れ総額が100万円を超える場合は、最新の源泉徴収票、最新の確定申告書、もしくは直近2ヶ月の給与明細書と1年分のボーナス明細書を用意します。ボーナスをもらっていない場合は、直近2ヶ月の給与明細書で大丈夫です。